家計管理の大切さ

家計管理の大切さを理解するためには、まず最初に、管理しなければ一体どうなってしまうのかを真剣に考えるべきでしょう。

そもそも家計とは、家庭における経済の主要部分であり、主に金銭を介する様々な活動だと言えます。

それは一家の暮らし向きを直接的に左右してしまうものですし、生活全般を基本的に決定付けるほどの大きな影響力を持っているものです。

ですから、そのような大切な事柄を行き当たりばったりに任せて無計画に放置してしまえば、家族が自分勝手に生活費などを使うようになり、たちまち生活費不足に陥ってしまうことが予想されます。

それは間違いなく家庭全体の大問題となることでしょうし、もちろん家族も全員、不幸になってしまうことは避けられません。

ですから家計の管理は不可欠であり、非常に大切だという結論になるのです。

しかし問題なのは、具体的にどのような方法で管理するのかです。

たとえそれが大切だということが十分に理解できたとしても、適切な方法であってこそ意味があるのです。

もしも家族の各個人の必要性を無視したり、あるいは所得と消費のバランスを考えないような不適切な方法なら、誰にとっても決してプラスにはなりません。

それゆえ家計の持つフロー(毎日の入金と出金)とストック(財産の形成)の両面を考慮して、短期的にはフローバランスを取りつつ生活を健全に維持し、長期的にはストックとしての資産形成を抜かりなく行っていくことで、生活基盤を安定させてゆくことが肝心なポイントとなるでしょう。

CATEGORY

  • 家計の基本

    BASE

  • 家計管理の大切さ

    IMPORTANT

  • 家計管理とお金の関係性について

    RELATION

  • 家計関連ニュース

    NEWS