好きな色で統一したらきもかった

初めて親元を離れて一人暮らしをするという人が非常に多い時期です。引越し屋も大忙しで希望の日程は満杯だったという人も多いのではないでしょうか。
さて初めての一人暮らしで、雑誌に出てくるようなモテ部屋を目指して頑張って部屋作りをしている若者が多い季節。頑張ってモテ部屋を目指してオシャレな机やイス、ソファや棚など自分の好きな色で統一しようと買いそろえてはみたけれど、失敗してしまうというケースがよく聞かれます。なんだかちぐはぐな印象になってしまい、頭を抱え込んでしまった。きもい部屋になってしまった。というのです。
一体なぜでしょうか。雑誌に出てくるようなモテ部屋というのは、きちんと専門のインテリアコーディネーターが部屋の配置や色を考えた上で、プロのカメラマンが写真を撮っているものです。光の露出具合によっても写真でみる印象は実物とはだいぶ異なるものです。好きな色で統一する試みはよいのですが、選んだ色を色々な照明のもとでの発色具合を確認する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です